安全なボトックスでも副作用について把握【人気の高い施術】

注射

実績ある治療を受けよう

ボトックスは副作用が気になるという人もいますが、信頼の高いクリニックで信頼の高い薬剤を使う限り、副作用などはあまり心配しすぎる必要はないでしょう。シワの緩和や小顔治療、脚の部分?せや多汗症の改善など、多くの美容効果を得られます。

詳しく見る

女医

治療までの流れ

基本的なボトックス治療の流れは、予約当日に受付を済ませてからカウンセリングを受け、説明に了承したら同意書にサインし、その後に注射してもらいます。効き過ぎによる副作用が心配な時は、事前に医師の経験などを確かめ、熟練者に治療してもらいましょう。

詳しく見る

看護師

リスクを下げる決め手

医師の経験が豊富であればボトックスの副作用は回避しやすいため、治療の際は施術経験が多い認定医を選ぶのが決め手です。血流が増えれば内出血も出やすくなるので、ボトックスの治療後は息が弾む運動や飲酒、それにサウナなども控えましょう。

詳しく見る

注射

副次的な作用にも着目

治療目的によってボトックスの副作用は違いますが、過剰注入が主因になる場合が多いため、腕の良い医師を選べばリスクを減らせるのが特徴です。その人に最適な注入量を特定するためにも、事前のカウンセリングや診察が非常に重要となっています。

詳しく見る

女性

美容治療に伴う症状とは

ボトックスの副作用には、皮下出血をはじめ赤みやはれ、頭痛、倦怠感などがみられます。一般的に、薬の作用が弱まるにつれて症状は改善しますので、心配することはありません。また、ボトックスの回数を重ねるほど副作用の頻度は下がる傾向にあります。

詳しく見る

リスクを知って施術に臨む

カウンセリング

困ったらまず医師に相談を

注射を打つだけで顔や体の気になる部位を改善できるボトックスは、美容整形の中でもとりわけ人気の高い施術の1つです。しかし医療行為である以上、副作用のリスクも当然ながらあります。万が一ボトックス注射でそういった症状が生じたときはどうすべきか知っておくことは大切です。起こり得る副作用の1つとして挙げられるのが、顔の表情が失われたり体の形態が変化したりすることです。これはボトックスの持つ筋肉を麻痺させる作用が強く働きすぎたために起きます。適量ならば筋肉の過剰な動きを抑えるのでシャープな体のラインを実現したり、シワを解消したりできます。しかし量が多すぎるとこのような副作用が起こります。言うまでもなく施術を受けた病院に受診をして、症状を担当医にはっきりと伝えることが第一です。また副作用が起きたときに医師にすぐ相談することは、その後の再施術のためにも必須です。ボトックスの利点の1つは再注入による再施術ができる点と、時間経過で薬の効果が薄れる点です。適切な処置を受けるためにも、副作用を感じたら医師に受診することが極めて重要です。ボツリヌス毒素製剤の一種であるボトックスは、1980年代から医学へ応用されていることもあって臨床例も多く、安全性が高いことで知られています。ただし全く副作用が起こらない訳ではないため、ボトックス注射を利用する前にその知識を持っておくことが望ましいと言えます。ボトックスの副作用として比較的多く人が経験しやすいのが術後直後に注射部に痛みを感じたり、発疹が生じたりすることです。また人によっては患部周辺に筋肉痛のような違和感を覚えます。これは薬の効果が強く現れたときに起きやすいとされており、薬の効果が弱まっていくに従って症状も緩和されます。別の副作用に、注入した量が多すぎたため笑ったりといった顔の表情を作るのが難しくなることもあります。口元に注入して量が多かった場合は、飲み物が飲みにくくなるといった症状が現れることもあり、注意が必要です。このようにボトックス注射で起こる副作用は自然回復していくこともありますが、何らかの副作用を感じたときはできるだけ早く施術の担当医や掛かりつけの医師に相談することが肝要です。