安全なボトックスでも副作用について把握【人気の高い施術】

実績ある治療を受けよう

注射

理想的なプチ整形

ボトックス治療は、アメリカのアラガン社が開発したボツリヌストキシンを使った薬剤で行う治療のことです。ボツリヌストキシンを使った薬剤はほかにもありますが、日本では厚生労働省が唯一認めているのがこの薬で、日本市場向けのボトックスビスタという薬剤が使われています。注射するだけで高い美容効果を得られるので、今では美容治療には無くてはならない存在と言えるでしょう。他にもジェネリックとしてドイツやイギリス、韓国の薬剤がありますが、信頼の面からビスタを選ぶ人も多いようです。価格はもちろんジェネリック薬品のほうがずっと安価なので、費用面を考えるとジェネリックも魅力です。信頼のおけるクリニックで治療を受ける分には、副作用などもそこまで心配する必要はないでしょう。ただ、ボトックス注射は単に注射を打つだけの手軽なプチ整形だから、どこのクリニックで受けても変わらないと考えるのは誤りです。ドクターの技量によって結果が左右される場合もありますし、副作用の面も気になりますので、実績ある担当医を選ぶことは大切です。それだけ認識しておけば、決して神経質になる必要はない薬剤です。ボトックスは、主に顔のシワ取りに使われる薬剤です。顔に注射して治療しますが、大切な顔ですから副作用などの心配がないよう、信頼の高いクリニックを選び、信頼の高い薬剤を使いましょう。顔にはたくさんの表情筋がありますが、それが部分的に過度に収縮することで深いシワが刻まれます。ボツリヌストキシン製剤は、過度の神経伝達物質を抑制し、筋肉を緩めることでシワを出来にくくすることができます。特に眉間に出るシワや目尻のシワなどが徐々に目立たなくなり、シワが出来にくい肌を作ることができます。また、近年人気なのが筋肉が発達したエラ部分に注入し、張りを取ることでフェイスラインをシャープにする小顔治療です。エラには咬筋という筋肉がありますが、ボトックスで筋肉をゆるめることで徐々に小さくすることができます。他には、ふくらはぎに注入することで脚を部分?せさせたり、脇に注入することで汗の分泌を抑えたりすることも可能です。いずれにしても副作用にはあまり神経質になりすぎず、医師と相談して適切な治療を受けるのが一番です。